Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hoandoro.blog112.fc2.com/tb.php/665-3e200bcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

横浜の記念日-鉄道の日-

 わが横浜には、たくさんの「はじめて」があります。今回から、そんな横浜の「はじめての歴史」を振り返ってみたいと思います。

 『鉄道の日』
 1872年(明治5年)5月7日、横浜―品川間を初めてテスト営業として鉄道が走り、4ヵ月後、区間が新橋まで延長され、9月12日、横浜―新橋間での本営業となりました。これが日本における鉄道の始まりであります。

 当時は1日9往復で、運転時間は53分。最初の横浜駅のあった場所は現在のJR桜木町駅です。新橋は現在の汐留にありました。当時、横浜と新橋の間を53分で走り、大変スピードの速い乗り物だったようです。もしも馬車でこの区間を走ったとすると、4時間はかかった時代だったので、その速さが人々を驚嘆させました。

 これを期に交通手段は馬車から鉄道へと移って行くのですが、運賃も相当な高額であり、人々はすぐに鉄道を利用しようとはせず、自分の足で1日かけて目的地までという従来の方法を取る人が多かったそうです。
 蕎麦が1杯5厘という時代に、1番安い下等の料金が50銭でした。蕎麦を100回食べたつもりで、やっと下等に乗ることができたのです。
 また、乗客は15分前に駅に来なければならないという規則もあったらしいです。それらの事柄は、新聞で叩かれ、後に運賃は改定され、上等1円12銭5厘、中等75銭、そして下等は37銭5厘となり、1日9便の運行となしましたが、それでも庶民にとっては高い乗り物だったようです。※1銭=1/100円、1厘=1/1,000円(10=1銭)、1円=金:1.5g。

 このような鉄道のエピソードも多々あり、履物をぬいで乗ったり、機関車の出す火の粉で火事になった等、数え上げればキリが無いくらいです。
 更に、漁師達は、その音と地響きに驚き、魚が逃げてしまっては自分達の死活問題と考え、鉄道は海辺から離れた場所に敷設を願いたいとの嘆願書を出したという話もあるみたいです。
 それでも、この鉄道という文明は受け入れられ、人々は汽車が走るのを大いに楽しみ、当時の錦絵には多くの汽車が描かれています。

 現在、桜木町周辺は、横浜でも最も近代化が進んだ地域の1つであり、駅の東寄りには、初代横浜駅正面外観や仮営業開始当時の時刻表などが刻まれている「鉄道発祥の地記念碑」がたっています。

保安用品・保安機材販売、リース/ポストフレックス製造、販売の保安道路企画㈱
http://www.hoandoro.jp

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hoandoro.blog112.fc2.com/tb.php/665-3e200bcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

ざわこ

Author:ざわこ
保安道路企画のブログへようこそ!!
【保安機材販売・リース、看板製作、ポストフレックス製造・販売をしています】
横浜市旭区鶴ヶ峰本町1-12-10
TEL:045-955-4311
FAX:045-955-4377

ブログ内検索

最近の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。