Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hoandoro.blog112.fc2.com/tb.php/551-4575082b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

横浜河川物語Ⅵ-大岡川-

 今回の河川は、『境川』です。

 『境川』は、東京都および神奈川県を流れ相模湾に注ぐ河川で二級水系の本流になります。かつては相模国高座郡に由来する高座川(たかくらがわ)とも呼ばれていました。また、最下流部から河口にかけては片瀬川とも呼ばれています。

 境川の川のはじまりの源流は、津久井郡城山湖付近にあります。上流部には、合流する支流はほとんどありません。
 川は町田市と相模原市の境から、やがて、瀬谷区と大和市の境へと流れていきます。このあたりは、昔、水田が一面に広がる地域でした。

 下流域・河口は、瀬谷区から、泉区・戸塚区へ進むと、相沢川、和泉川、宇田川などの支流が合流してきます。このあたりは川の幅も広く、広々とした田畑が残る中をゆったりと流れています。
 藤沢市にはいり、柏尾川と合流してから、片瀬で相模湾に注ぎます。正面には江の島がぽっかりとうかび、河口の右の岸には江の島水族館があります。

 支流域になると、和泉川、いたち川、宇田川、柏尾川、阿久和川、舞岡川などの個性豊かな支流が流れています。

 またこの『境川』沿いには、鎌倉時代からの伝説があります。1185年(文治元年)、 源義経が兄の頼朝より鎌倉に入ることを許されず、傷心のまま境川沿いを下鶴間の浅間神社で小休止したとき、一羽の鶴が鎌倉の方向に飛んでいくのを見、その後鶴舞の里といわれるようになり転じて鶴間となったという伝説があるそうです。また、この地に義経の埋めた宝物があるとの伝説も残っています。


保安用品・保安機材販売、リース/ポストフレックス製造、販売の保安道路企画㈱
http://www.hoandoro.jp

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hoandoro.blog112.fc2.com/tb.php/551-4575082b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ざわこ

Author:ざわこ
保安道路企画のブログへようこそ!!
【保安機材販売・リース、看板製作、ポストフレックス製造・販売をしています】
横浜市旭区鶴ヶ峰本町1-12-10
TEL:045-955-4311
FAX:045-955-4377

ブログ内検索

最近の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。