Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hoandoro.blog112.fc2.com/tb.php/484-bd44158f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夏だ、花火だ!横浜だ!!

 日本の夏の風物詩、といばやはり夜空に打ち上げられる『花火』ですよね?日本では、『花火』の消費は夏に集中していて、そのほかの季節はあまり需要がないようです。これは、花火が川開きに使用されていた名残だといわれています。一方、諸外国では年間を通じて消費されています。

 『花火』の歴史は、紀元前3世紀の中国で爆竹が使用されたのが起源だという説があります。またヨーロッパに伝わったのは13世紀以降で、初期のものは祝砲の音を大きくしたり、煙に色などがつくようにしたものだったと考えられます。ヨーロッパでの主な生産地はイタリアで、火薬と花火製造がさかんに行われました。
 この時代、ヨーロッパの花火は主に王侯貴族のものであり、王の権力を誇示するため王が催すイベントなどで揚げられていたようです。

 では、日本に『花火』が作られるようになったのはいつでしょうか?それは16世紀の鉄砲伝来以降のようです。また、江戸時代になると花火を専門に扱う火薬屋が登場するようになります。

 そして、有名な『隅田川花火大会』は、将軍徳川吉宗が死者の慰霊と悪霊退散を祈り両国大川(隅田川のこと)の水神祭りを催し、それに合わせて大花火を披露し、これが隅田川川開きの花火の起源になったといわれています。

 また、花火大会などでよくきかれる「たまや~!かぎや~!」という掛声がありますよね。これは江戸時代の「鍵屋」、「玉屋」の二大花火師からきています。
 当時、両国の川開きは、両国橋を挟んで上流を玉屋、下流を鍵屋が受け持つようになっていました。当時の浮世絵を見ると玉屋の花火は多く描かれており、また「橋の上、玉や玉やの声ばかりなぜに鍵やといわぬ情(じょう)なし」(「情」と鍵屋の「錠」をかけている)という歌が残っていることからも、玉屋の人気が鍵屋をしのいでいたと考えられます。
 しかし1843年、玉屋から失火、店のみならず半町ほどの町並みを焼くという騒動があり、失火は重罪と定められていた当時であり、また偶然将軍家慶の東照宮参拝出立の前夜であったことから厳しい処分が下され、玉屋は財産没収、主人の市兵衛は江戸追放となってしまい、僅か一代で家名断絶となってしまいました。

 というわけで、そんな『花火』の歴史を知ってから、今度の8月1日(土)に行われる『 第24回神奈川新聞花火大会(午後7時15分~午後8時30分) 』に出かけられてはどうでしょうか?
 目玉は関東でもなかなか見ることのできない直径480mにもなる「2尺玉」!そのほか、「大スターマイン」など大きな玉を中心に約8,000発の打ち上げが予定されています。市民の皆様のご協力によって打ち上げる「市民の花火」や、子どもたちから募集した絵画を元に製作した「夢の花火」なども見どころ満載です。


保安用品・保安機材販売、リース/ポストフレックス製造、販売の保安道路企画㈱
http://www.hoandoro.jp

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hoandoro.blog112.fc2.com/tb.php/484-bd44158f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ざわこ

Author:ざわこ
保安道路企画のブログへようこそ!!
【保安機材販売・リース、看板製作、ポストフレックス製造・販売をしています】
横浜市旭区鶴ヶ峰本町1-12-10
TEL:045-955-4311
FAX:045-955-4377

ブログ内検索

最近の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。