Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hoandoro.blog112.fc2.com/tb.php/468-36309c06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カーチャのロシア探訪記-その24-

 日本人の主食は「お米」ですよね?ロシアではパンに続き、「じゃがいも」がよく食べられます。カーチャもモスクワで生活していた頃は、パンと同じくらい、じゃがいもを食べていました。

 そもそも「じゃがいも」は、まだロシア帝国時代、ピョートル一世(大帝)の最初のヨーロッパ視察旅行(1697年~1698年)のときに導入されたようです。しかし、若い皇帝に反発するロシア正教会の司教たちには、じゃがいもを「不幸の実」とか、「悪魔のリンゴ」と呼んでののしり、正教分離派の信徒たちは、祈りの度に「ジャガイモに呪いあれ」と繰り返していたようでした。

 しかし、じゃがいもは寒さに強く、生育期間が短く、他の作物よりも出来、不出来の差が少なかったので、1730年代に入ると、除々に人々に知られ、ペテルスブルクの上流社会では、ごく普通の食べ物になっていったそうで…。

 18世紀以後、栽培技術などの改良がさらに進み、収量水準が高まり、じゃがいもは小麦に代わって、「第二のパン」として民衆の生活に根づいて行き、現在では単収は低いですが、栽培面積では世界で最も多い国となっています。

 農園で作られるよりも各家庭で作られるのもロシアのじゃがいもの特徴です。郊外にある「ダーチャ」とよばれる別荘(みた感じ小屋)に、週末になるとロシア人はでかけます。そこで家庭菜園をしているのです。自分のダーチャでとれた作物を収穫して、自宅に持ってかえる、ということが一般的です。

 カーチャもじゃがいもが大好きだったので、いつも市場で買い置き(安い!)してました。寮の食堂、学食でも必ずといっていいほどじゃがいも料理はありましたっけ…。

 煮たり、焼いたり、ゆでたり…、といろいろな料理に使われます。あの「ボルシチ」にも入っているし、「スタリーチナヤ」とよばれるいわゆるポテトサラダもおいしかったなぁ…。


保安用品・保安機材販売、リース/ポストフレックス製造、販売の保安道路企画㈱
http://www.hoandoro.jp

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hoandoro.blog112.fc2.com/tb.php/468-36309c06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ざわこ

Author:ざわこ
保安道路企画のブログへようこそ!!
【保安機材販売・リース、看板製作、ポストフレックス製造・販売をしています】
横浜市旭区鶴ヶ峰本町1-12-10
TEL:045-955-4311
FAX:045-955-4377

ブログ内検索

最近の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。