Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hoandoro.blog112.fc2.com/tb.php/439-aa6ba4d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

一般消防標識-消防水利-

 一般消防標識には、いくつか種類があります。今回はその中で「消防水利(しょうぼうすいり)」についてのお話です。

消防水利

 上記の標識をよくみかけることはありませんか?みたことはあるけど、そもそもこの標識は何のためにあるのでしょう?

 「消防水利」とは、消防活動を行う際の水利施設のことをいいます。「消防水利」の設置者は各市町村であり、維持管理についても市町村が行います。ただし、水道については当該水道の事業者が、設置及び維持管理を行います(消防法第20条第2項)。なお、水道事業者は、公共の消防のため水道に消火栓をつけなければならないことが水道法第24条第1項に規定されているのです。

 各市町村の消防長又は消防署長は、池、泉水、井戸、水そうその他消防の用に供し得る水利についてその所有者、管理者又は占有者の承諾を得て、これを「消防水利」に指定して、常時使用可能の状態に置くことができます(消防法第21条第1項)としている。
 また、消防長又は消防署長は、「消防法第21条第1項」の規定により指定をした消防水利には、総務省令で定めるところにより、標識を掲げなければならないと定めれており、つまり先述の標識は、『ここに「消防水利」がありますよ』ということを示しているのですね。

 ただ、池や川、井戸などの水利があればどこにでも設置してよい、というわけではなく、ちゃんと設置の基準があります。

 ①地盤面からの落差が4.5m以下であること
 ②取水部分の水深が0.5m以上であること
 ③消防ポンプ自動車が容易に部署できること
 ④吸管投入孔のある場合は、その一辺が0.6m以上又は直径が0.6m以上であること

 以上の設置基準に従って、「消防水利」は設置してあります。火事などの緊急時に使用するので、消防車が現場に入れるよう、路上駐車駐車禁止はやめましょう!


保安用品・保安機材販売、リース/ポストフレックス製造、販売の保安道路企画㈱
http://www.hoandoro.jp

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hoandoro.blog112.fc2.com/tb.php/439-aa6ba4d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ざわこ

Author:ざわこ
保安道路企画のブログへようこそ!!
【保安機材販売・リース、看板製作、ポストフレックス製造・販売をしています】
横浜市旭区鶴ヶ峰本町1-12-10
TEL:045-955-4311
FAX:045-955-4377

ブログ内検索

最近の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。