Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hoandoro.blog112.fc2.com/tb.php/412-4045e7ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

保護帽(ヘルメット)のススメ-その壱-

 工事現場などでは、必ず必要になる『保護帽(ヘルメット)』ですが、その用途によって種類も様々になります。
 今回はそんな『保護帽(ヘルメット)』の種類についてのお話です。

 ◆飛来・落下物用
 ●構造:帽体、着装体及びあごひもをもつもの
 ●機能:飛来物または落下物による危険を防止または軽減するためのもの

 ◆墜落時保護用
 ●構造:帽体、着装体、衝撃吸収ライナー及びあごひもをもつもの
 ●機能:墜落による危険を防止または軽減するためのもの

 ◆飛来・落下物用、墜落時保護用
 ●構造:帽体、着装体、衝撃吸収ライナー及びあごひもをもつもの
 ●機能:飛来物または落下物による危険及び墜落による危険を防止又は軽減するためのもの

 ◆飛来・落下物用、電気用(使用電圧7,000V以下)
 ●構造:帽体、着装体及びあごひもをもつもので、帽体が充電部に触れた場合に感電から頭部を保護できるもの
 ●機能:飛来物または落下物による危険を防止または軽減し、頭部感電による危険を防止するためのもの

 ◆飛来・落下物用、墜落時保護用、電気用(使用電圧7,000V以下)
 ●構造:帽体、着装体、衝撃吸収ライナー及びあごひもをもつもので、帽体が充電部に触れた場合に感電から頭部を保護できるもの
 ●機能:飛来物または落下物による危険及び墜落による危険を防止または軽減し、頭部感電による危険を防止するためのもの

 上記のように、行う作業によって必要とする『保護帽』は変わってきます。

 また、『保護帽』の材質も変わります。『保護帽』の材質の種類は、大きくわけて「熱硬化性」「熱可塑性」があります。
 熱硬化性に代表されるのは、FRP樹脂製で、耐熱、耐候、耐有機溶剤性に優れていますが、耐電性として使われません。
 そして熱可塑性には、ABS樹脂製(アクリルニトロ・プダジエン・スチレン)、PC樹脂製(ポリカーボネート)、PP樹脂製(ポリプロピレン)がありますが、ABS樹脂製は、耐電性には優れていますが、高熱環境での使用はできず、PC樹脂製は耐候性はABS樹脂より優れており、PP樹脂は有機系の薬品を使用する場合の作業には最適です。

 以上の点に気をつけて、現場での事故を防ぐための『保護帽』を選んで下さい。

 次回は「保護帽の正しい被り方、交換の目安」です。

保安用品・保安機材販売、リース/ポストフレックス製造、販売の保安道路企画㈱
http://www.hoandoro.jp

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hoandoro.blog112.fc2.com/tb.php/412-4045e7ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ざわこ

Author:ざわこ
保安道路企画のブログへようこそ!!
【保安機材販売・リース、看板製作、ポストフレックス製造・販売をしています】
横浜市旭区鶴ヶ峰本町1-12-10
TEL:045-955-4311
FAX:045-955-4377

ブログ内検索

最近の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。