Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hoandoro.blog112.fc2.com/tb.php/355-5cda9c00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カーチャのロシア探訪記-その18-

 もうすぐ2月…、以前は一年の中で一番寒くなる時期!といわれていましたが、現在においてこの暖かさ…。地球温暖化の影響で、もう寒い冬にはお目にかかれないのでしょうか?ぐすっ

 さて、まだまだ続きそうな気配?の『カーチャのロシア探訪記』ですが、今日は何故カーチャがここまでロシアという国にはまったのかをお話ししたいと思います。

 オルフェウスの窓に憧れて…

 ロシア…、当時はソビエト連邦でした。日本にとっては江戸時代頃から交流はあったけれど、近くて遠い国…。日露戦争とか、日ソ不可侵条約とかいろいろありましたからね…。

 ま、それはおいておいて、学生時代カーチャはあるマンガ本に夢中になりました。それが池田理代子さんの作品「オルフェウスの窓」だったのです。
 池田理代子さんといえば有名な「ベルサイユのばら」があります。宝塚歌劇団での上演や、テレビアニメにもなりました。「ベルサイユのばら」と比べてしまうと、一般的には広く知られていない作品かもしれませんが、通には好まれる作品かと思われます。

 この「オルフェウスの窓」の主人公ユリウス(女性なのですが、わけあって男性として育てられます。ここらへんは「ベルばら」のオスカルみたいですね)、ユリウスの学友で生涯の友になるイザーク、そしてユリウスと恋におちるクラウス(実はロシア人、アレクセイ)です。そしてユリウスを中心に物語は全4部で構成されています。

 舞台となる国は、ドイツ、オーストリア、ロシア、時代背景には、第一次世界大戦やロシア革命が描かれています。
 実在した人物も描かれていて、ちょっとした大河ドラマのようです。

 第一部が、ドイツのレーゲンスブルクの音楽院(この音楽院にこの話のタイトルである「オルフェウスの窓」があります)を舞台に、復讐劇があり、第二部は、オーストリアのウィーを舞台にイザークの物語となっています。
 第三部が、ロシアのサンクトペテルブルグが舞台になり、ロシア革命が描かれています。第四部は、またドイツのレーゲンスブルグに戻り、物語は完結します。

 カーチャのロシア熱を起こさせたのは、第三部ロシア編です。さて、これがどんなお話かといいますと…、次回をお楽しみに!b


保安用品・保安機材販売、リース/ポストフレックス製造、販売の保安道路企画㈱
http://www.hoandoro.jp

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hoandoro.blog112.fc2.com/tb.php/355-5cda9c00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ざわこ

Author:ざわこ
保安道路企画のブログへようこそ!!
【保安機材販売・リース、看板製作、ポストフレックス製造・販売をしています】
横浜市旭区鶴ヶ峰本町1-12-10
TEL:045-955-4311
FAX:045-955-4377

ブログ内検索

最近の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。