Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相鉄線の車窓から-上星川-

 本日の『相鉄線の車窓から』は、「上星川」で降りてみましょう。

 「上星川」の1日あたり乗降人員 22,310人。現在の橋上駅舎になる前は、本当に田舎の駅!って感じだったそうです。
 その当時は木造の駅舎を持っていましたが、改札口は木製で、待合室と売店があり、手小荷物も扱っていました。出札窓口は1つしかなく、定期券も旧国鉄への長距離の切符も駅員が手作業で発売していたそうです。
 改札を出ると構内踏切があり、電車が来ると駅の助役が乗客を止めていました。

 ここ「上星川」で一番のオススメなのが、『スーパー銭湯満天の湯』です!駅から徒歩1分というアクセスの良さ!またお風呂の数も多く、男女合わせて18種類もあります。
 屋内風呂には、「白湯」「ローリングバス」「エステバス」「ヘルツバス」があり、露天風呂には、「岩風呂」「シルクの湯」「壷湯」などがあります。
 また、サウナもあり、女性用ですが、塩の全身に塗って発汗作用を流す「塩サウナ」があります。
 他にも「ボディケア」のコーナー、「あかすり」のコーナーがあり、またレストレンも完備されているので、ゆったりとくつろげますね。

 料金は、平日大人:600円、小人(小学生以下):300円、幼児(3歳以下):200円でリーズナブル!(休日は50円~100円アップします)営業時間は、10:00~25:00なので、会社帰りなどに「ひとっ風呂!」って感じで気軽に利用できます。

 そして、「15分105円で24時間遊び放題!」の『JJクラブ横浜上星川店』があります。ここには、カラオケ、トスバッティング、ピッチング9、ストリートバスケ(3on3)、,インターネットブース、ゴルフレンジ、ビデオゲーム、フットサルコート、まんがコーナー、リラクゼーション、体感ゲーム、スポーツゲーム、音楽ゲーム、,卓球などなどたくさんのアミューズメントがあります。
 入会金315円がかかりますが、あとは15分100円で遊び放題!1日中いても飽きませんね!

 『JJクラブ横浜上星川店』で遊んだあと、『スーパー銭湯満天の湯』で温泉三昧!っていうのはいかがでしょうか?


保安用品・保安機材販売、リース/ポストフレックス製造、販売の保安道路企画㈱
http://www.hoandoro.jp
スポンサーサイト

ガードレール豆知識

 昨日の舗装同様、これまたよくみかけるガードレールですが、こちらは自動車が道路わきへ飛び出したり、崖下に転落する危険を防ぐために、路側や歩道・車道の境界や高速道路の中央帯に設ける防護柵の一種になります。
 
 防護柵には、ガードレール、ガードパイプ、ボックスビーム、ガードケーブル、オートガードなど各種のものがありますが、ガードレールはW形の断面をもった金属製ビームを支柱に取り付けたものになります。
 他の形式に比べ、設置が容易であり、もっとも信頼がおけるので、現在、日本で一番一般的な防護柵で、防護柵の代名詞にもなっています。
 自動車運転者の視線を誘導する役目を果たすよう明るい色(白)で塗られていて、誤って車が接触したときは、レールと支柱がともに変形して車体の衝突エネルギーを吸収し、車を元の車道に押し返す作用を持っています。

 また、日本で始めてガードレールが設置されたのは、1958年の神奈川県箱根町宮ノ下交差点付近だそうです。

 このガードレールの色なのですが、もっとも多いのは白ですが、高速道路や国道などでは灰色のものや銀色(亜鉛メッキを施しただけのもの)があります。
 また変わったところでは、良好な景観形成に配慮した適切な色彩を基本としているところもあり、山口県道には、黄色(ナツミカン色)のガードレールがあります。
 その景観ということで、長野県には木製のガードレールもあるようです。これは、部材にカラマツ等の県産間伐材を使用することを主な要件とされていて、環境に寄与するかたちになっています。

 木製の環境にやさしい木製のガートレール、景観に配慮した黄色のガードレール…、これらが設置してある道路をドライブしたら、きっと清清しい気分になれるかもしれませんね。


保安用品・保安機材販売、リース/ポストフレックス製造、販売の保安道路企画㈱
http://www.hoandoro.jp

舗装について

 年度末になると、あちらこちらでよくみかけるのが舗装工事ですね。車線規制をされたりして「迷惑!」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、私たちの現在の生活(車道・歩道)ではなくてはならないものですよね。
 舗装が整備されていなと、事故や怪我のもとにもなってしまいます。日々の交通量が多いところなどでは、補修のための舗装工事が不可欠です。
 
 ではいったい舗装とはどんなもので、どんな種類があるのでしょう?

 舗装とは、道路の耐久力を増すために、その表面を石、煉瓦、コンクリート、アスファルトなどで固めることです。ここでの舗装は車道(歩道兼用を含む)での舗装を主とします。その使用材は主にコンクリート、アスファルトになります。

 舗装の大きな役割としては、路面に緻密な層を設けることにより雨天時の泥寧化や乾燥時の砂塵を防止すること、また、路面の平坦性を良くし、適度のすべり抵抗性をもたせることによって、車両走行時や歩行時の快適性や安全性を向上させること、です。

  舗装の種類は、いろいろありますが、代表的なものが「アスファルト舗装」と「コンクリート舗装」です。
 アスファルト舗装は、アスファルト混合物(アスファルト合材)を用いた舗装で、車道、歩道の両方に用いられています。
 敷設が比較的容易であり、舗装作業開始から交通開放までの時間が短くてすむため、現在の日本では主流となっている舗装です。
 基本的にアスファルト合材の色である黒色の舗装となりますが、近年様々な色のアスファルト舗装が可能となっています。

 一方コンクリート舗装とは、 主にセメントコンクリートを用いた舗装で、歩車道を問わずに施工されます。たわみによるひび割れ防止のため鉄筋を配することが多く、施工期間が長くなり養生などに手間がかかるなど、敷設(打設)の難しさはあるものの、アスファルト舗装に比べてたわみに強く耐摩耗性に優れていて、重車両が頻繁に通行する場所、トンネル内、急傾斜の坂道などといった舗装補修を頻繁に行うことが困難な場所に多く用いられています。
 セメントコンクリートの色である白色に仕上がることが多いようです。

 また近年「透水性舗装」という、路面に降った雨水を舗装内の隙間から地中へ還元する機能を持った舗装や、排水性混合物層(以下、排水機能層)の下に不透水性の層を設けることにより、排水機能層に浸透した水が不透水性の層の上を流れて排水処理施設に速やかに排水され、路盤以下へは水が浸透しない構造とした「排水性舗装」などもあります。
 特に「排水性舗装」は、走行車両の水はねを防いだり、雨天時のすべり止め機能の向上、走行車両による道路交通騒音の低減に優れています。

 普段何気に利用している舗装ですが、いろいろと工夫されているのですねぇ。ですから舗装工事にはご協力下さい!


保安用品・保安機材販売、リース/ポストフレックス製造、販売の保安道路企画㈱
http://www.hoandoro.jp

カーチャのロシア探訪記-その18-

 もうすぐ2月…、以前は一年の中で一番寒くなる時期!といわれていましたが、現在においてこの暖かさ…。地球温暖化の影響で、もう寒い冬にはお目にかかれないのでしょうか?ぐすっ

 さて、まだまだ続きそうな気配?の『カーチャのロシア探訪記』ですが、今日は何故カーチャがここまでロシアという国にはまったのかをお話ししたいと思います。

 オルフェウスの窓に憧れて…

 ロシア…、当時はソビエト連邦でした。日本にとっては江戸時代頃から交流はあったけれど、近くて遠い国…。日露戦争とか、日ソ不可侵条約とかいろいろありましたからね…。

 ま、それはおいておいて、学生時代カーチャはあるマンガ本に夢中になりました。それが池田理代子さんの作品「オルフェウスの窓」だったのです。
 池田理代子さんといえば有名な「ベルサイユのばら」があります。宝塚歌劇団での上演や、テレビアニメにもなりました。「ベルサイユのばら」と比べてしまうと、一般的には広く知られていない作品かもしれませんが、通には好まれる作品かと思われます。

 この「オルフェウスの窓」の主人公ユリウス(女性なのですが、わけあって男性として育てられます。ここらへんは「ベルばら」のオスカルみたいですね)、ユリウスの学友で生涯の友になるイザーク、そしてユリウスと恋におちるクラウス(実はロシア人、アレクセイ)です。そしてユリウスを中心に物語は全4部で構成されています。

 舞台となる国は、ドイツ、オーストリア、ロシア、時代背景には、第一次世界大戦やロシア革命が描かれています。
 実在した人物も描かれていて、ちょっとした大河ドラマのようです。

 第一部が、ドイツのレーゲンスブルクの音楽院(この音楽院にこの話のタイトルである「オルフェウスの窓」があります)を舞台に、復讐劇があり、第二部は、オーストリアのウィーを舞台にイザークの物語となっています。
 第三部が、ロシアのサンクトペテルブルグが舞台になり、ロシア革命が描かれています。第四部は、またドイツのレーゲンスブルグに戻り、物語は完結します。

 カーチャのロシア熱を起こさせたのは、第三部ロシア編です。さて、これがどんなお話かといいますと…、次回をお楽しみに!b


保安用品・保安機材販売、リース/ポストフレックス製造、販売の保安道路企画㈱
http://www.hoandoro.jp

新商品『X-スティック』のご紹介!

 当社保安道路企画㈱より、新商品発売のお知らせです!その新しい商品とは『X(エックス)-スティック』です。カタログも出来上がりました。それがこちらです↓

Xスティック①

Xスティック②

 『X-スティック』とは?

 上記のカタログの写真をみると、一瞬「ただの懐中電灯?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません。

Xスティック③←暗い所では懐中電灯(高輝度LED搭載)

Xスティック⑤←車両の交通整理などには誘導灯として

Xスティック④←緊急時の際は発炎筒代わりに(三脚付)

 そんなことが、この1本でできてしまうスグレモノ!!

 『X-スティック』本体は、頑丈なアルミニウムでできています。また、ライトの部分はシリコンヘッドなので、落としても衝撃を吸収してくれます。
 そして、携帯にも便利なストラップ&バックル付!

 先端のライト部分には、高輝度LEDを12個搭載!スイッチひとつで「点灯・点滅」の切り替えができます。単三アルカリ電池3本(電池は別売りです)使用で、点灯で約30時間、点滅で約65時間が可能です。

 1台で3役こなす便利な『X-スティック』!商品に関するお問合せは、当社保安道路企画㈱【TEL:045-955-431】までご連絡下さい!


保安用品・保安機材販売、リース/ポストフレックス製造、販売の保安道路企画㈱
http://www.hoandoro.jp

ギイチの諸国漫遊記-新年お初編-

 ギイチのポストフレックス珍道中EX (新担当エリア 青森 秋田 山形 岩手 宮城 福島 栃木 茨城 群馬 静岡 愛知 岐阜 長野 滋賀 三重 奈良 京都 和歌山 兵庫 岡山 広島 山口 鳥取 島根) 24県です!!

 
 新年一発目!!

 あけおめ (あけましておめでとうございます!)
 ことよろ (ことしもよろしくお願いいたします!)
 きょねあり (去年もありがとうございます!)

 私事ですが…、実は1月6日から11日まで結婚式ウエディング、ハネムーン飛行機を兼ねてガム…、じゃなくて、グアムに行ってきました!
 青い空海と空、青い海海で、スキューバーダイビング、パラセービング、バナナボート、水上スキー…などなど楽しめました喜び
 結婚式でも、暖かく対応して頂きとても良かったので、思わず「また、よろしくお願いいたします!」って言いそうになってしまいました(アップロードファイル

 と、いうことで…、心機一転、環境も変わり、去年以上に皆様と良い関係を築いていきたいと思っております!もりもり

 ポストフレックスキャンペーンはじまり、はじまり…

 さて 今年も『ポストフレックスキャンペーン』がはじまりました!なんと1000本以上ではAQUOS32Vです!TV

  100本以上 鎌倉ハムウインナー+ビールBEER券5枚(鎌倉ハムはかなり美味です)
  200本以上 デジカメデジカメ(人気のFine Pix)or体験ギフト(ペア)
  300本以上 任天堂Wii 本体wii
  400本以上 Mini GORILLA(カーナビ)台車
  500本以上 マウンテンバイクマウンテンバイク

 などです 詳しくはお問い合わせ下さい。

 自分のお客様で700本オーバーのお客様もいます!ここまできたら、1000本超え狙ってもらいたいものですダッシュ!!

 今週は、は兵庫県最北の市豊岡市に来ています。道路でカニ蟹の直売場の看板が目立ち、仕事の合間に寄って見ました。
 津居山産の松葉がにが1匹、8000円・10000円・12000円の値段にびっくり!!ビックリブランドと書いていましたが…、カニにもブランドがあるんだぁ…。安ければ、買ってホテルで食べよう!と思ったけど…、次回にします、残念…トホホ

 今年も、「全国の温泉、旨いもの情報、ポストフレックス情報」をじゃんじゃん伝えていきたいと思います!今年も『ギイチのポストフレックス珍道中&温泉日記』をよろしくお願いします!

保安用品・保安機材販売、リース/ポストフレックス製造、販売の保安道路企画㈱
http://www.hoandoro.jp

関西人の里帰り

 私関西人は年齢的にはいい大人なんですが、まだまだ家族離れできず実家が大好きひゃっほぅ。3日以上の連休があれば必ず帰省するようにしています。
 実家に帰れば地元の友達にも会いたくなるもの。でも1回の帰省で会える人数は限られています。みんなに会うためには年3回は帰るのが理想なんですが、そうすると、帰省以外の旅行ができなくなる…jumee☆think1
 都道府県制覇はいつになることやら…ため息。残すは東北3県のみなのに、ここ3年更新できず・・・。

 まぁそれはさておき、関西人は二人姉妹のお姉ちゃん@好きです。3才下に可愛い妹がおりまして、今は二人とも実家を出ているのですが、妹は兵庫県在住で、私が帰省する時にはいつも義弟と一緒に来ています。
 そうなると関西人パートナーも含め、一時的に実家の人数が増え、当然賑やかになります。

 関西人パートナーは生まれも育ちも神奈川のコテコテ関東人。
 お喋り大好きな関西女3人+関西男の会話の応酬に、彼は毎度少々お疲れ気味ため息
 普段は2人なので、殆ど私が喋り、相手は相槌うつ程度で済むのですが、喋る人間が4人になると相槌も大変(?)らしく、「御飯中はもう少ししゃべるの減らせば?いつ食べていいのかわからないんだけど」なんて言われる始末絵文字名を入力してください
 そういえば、相手の実家で御飯をいただく時は、やたら静かで肩凝っちゃうんですよねぇ。所変わればってやつなんでしょうか??

 「はばタン」に会いたい!

 関西人が里帰りする時は、今回は誰に会おうとか、どこに行こうとか、楽しみはいっぱいあるのですが、毎回変わらない楽しみは、神戸空港で「はばタン」♪に会うこと!

 知ってますか、「はばタン」?元々は兵庫国体の期間限定マスコットだったのですが、あまりの人気っぷりに兵庫県のマスコットに昇進した今、流行りのゆるキャラの先駆けです。
 ゴールデンウィークやお盆などの連休で人の動きが多い時期は、時間は限られているようですが、ロビーで降りてくる人をお出迎えしています。
 小さな空港なので、丸々した黄色い着グルミはかなりインパクトあります(笑)中に入っている人によって、動きが違うのですが、上手な人だとミッキーなみに手(羽)を振ってくれたりして見てるだけでも楽しいです。
 神戸空港をご利用の際は、是非「はばタン」を探してみてください。和み度120%ですにへにへ


保安用品・保安機材販売、リース/ポストフレックス製造、販売の保安道路企画㈱
http://www.hoandoro.jp

ツルリンの『横浜はじめて物語』②

 横浜生まれ、横浜育ちのツルリンです。前回ご好評をいただいた『横浜はじめて物語』の第二段です!

 こんなものまではじめて

 ・アイスクリーム発祥の地
 日本のアイスクリームソフトクリームは、明治2年(1869年)5月9日に、中区の馬車道で販売されたのが、はじめてといわれています。当時は「アイスクリン」と呼ばれていたそうです。

 ・電話交換手創始の地
 日本の電話交換業務ラブコールは、明治23年(1890年)12月16日、横浜と東京間及び、横浜市で行われたのがはじまりです。開始時の加入者は東京で155人、横浜で45人だったそうです。

 ・石鹸工場発祥の地
 堤磯右衛門が明治6年(1873年)3月に、横浜市三吉町4丁目(現:南区万世町2丁目25番地)で日本最初の石鹸製造所を創業、同年7月に洗濯石鹸、翌年には化粧石鹸の製造に成功しました。
 その後、香港・上海への輸出され、明治10年代の前半に石鹸製造業は最盛期と迎えたそうです。

 ・西洋理髪発祥の地
 安政の開港とともに、生活様式の洋風化が進むなか、政府の『断髪令』に先駆け、明治2年(1869年)横浜にわが国初の西洋理髪店サインポールが開業されました。

 ・日本最初の様式公園
 横浜居住の外国人の間には、山手方面の専用の遊園地を望む声があり、慶応3年にそのその要求が幕府に認められました。
 しかし、公園設置計画は具体化しないままになり、明治2年(1869年)に改めて要求が出されました。その後公園の造成は居留民が行い、明治3年5月6日に開園したのが山手公園池です。

 アイスクリームは結構有名な話ですが、電話交換手とか、石鹸工場とか、ちょっと以外なものもありましたね。まだまだ横浜の『はじめて』は奥深~いjumee☆think2


保安用品・保安機材販売、リース/ポストフレックス製造、販売の保安道路企画㈱
http://www.hoandoro.jp

インフルエンザに注意しましょう!②

 さて、昨日はインフルエンザの由来についてお話しました。今日はその種類、予防、対策などです。

 まず、インフルエンザには、A型(ソ連型、香港型)、B型、C型の3つに大きく分けて分類され、毎年流行を繰り返すごとに変異株がでています。特にA型は多くの変異株があり、世界的な大流行を引き起こします。B型も流行がありますが、C型は軽症のことが多いのようです。
 なお、インフルエンザA型ウイルスは、渡り鳥などによって地球規模で運ばれており、どの型が流行かという予測は、地球規模の動向を解析して行われます。それでその流行になるであろう型の予防ワクチンを用意するようですね。

 また、インフルエンザの流行時期ですが、日本では12~3月に流行します。これは、温度が低く乾燥した冬には、空気中に漂っているウイルスが長生きできるからです。 だから、現在流行しているのでしょう。
 また、乾燥した冷たい空気で私たちののどや鼻の粘膜が弱っています。年末年始の人の移動で ウイルスが全国的に広がるのもひとつの原因だといわれており、これらの原因が重なって流行しやすい時期となっています。

 では、そんなインフルエンザにかからないようにするのには、どうしたいいのでしょう?やはり最も確実な予防は、流行する前にワクチンを打つことです。
 「でも、どの型が流行するのかはっきりとはわからないんでしょう?」と思われるでしょうが、近年は予測技術も高まって、実際の流行とほぼ一致しているそうです。
 ちなみに、ワクチンを打ったからといって、風邪にかからないということではありません。あくまでもインフルエンザの予防です。

 それでもインフルエンザにかかってしまったら?まずインフルエンザだと思われる症状があったら、48時間以内に病院へ行き、医師の診断を受けましょう!発症から48時間以内であれば、インフルエンザウイルスの増殖を抑える薬が処方されるようになったので、早ければ早いほど効果的なわけです。
 「たいしたことない」とか「今日は忙しいから」と先延ばしにしていると、自分の症状が悪化することはもちろんですが、大流行により、仕事の支障がでたり勉強が遅れるな(学級閉鎖など)ど、社会的にも重大な影響をきたします。インフルエンザにかかってしまったら、もう一人の問題ではなくなってしまうようです…。

 また、ワクチン接種だけではなく、日常生活でもインフルエンザにかからないようにすることが大切です。
 ①体力をつけ抵抗力を高める!
 ②ウイルスは、低温・低湿を好むので、加湿器などで室内の湿度を適度に保ちましょう!
 ③手洗いは接触による感染を、うがいは喉の乾燥を予防します。外から帰ったら、手洗いとうがいをしましょう!
 ④マスクをすることで、罹患した人の咳やくしゃみの飛沫から他人に感染するのを防ぐ効果もあります。『人に対して』という意味で『エチケットマスク』などといわれることもあります。


 当社でも1月から3月は『健康管理月間』と称して、手洗い・うがいを奨励しています。今のところ保菌者はいません!と、思われます(笑
 インフルエンザにかかると、とっ~ても身体がキツイですよね、ですから是非上記に挙げた予防をして下さい!


保安用品・保安機材販売、リース/ポストフレックス製造、販売の保安道路企画㈱
http://www.hoandoro.jp

インフルエンザに注意しましょう!①

 昨年末から関東地方に猛威を振るい始めたインフルエンザですが、皆様は予防摂取などの対策はとられていますでしょうか?

 インフルエンザ人間との関わりは古く、古代エジプトにはすでにインフルエンザと見られる病気の記録が残っています。最も重大な転機は1918年から1919年にかけて発生したスペインインフルエンザの世界的な大流行でした。
 これは規模、死亡率の点で強力で、感染者数6億人、死亡者数4000–5000万人(さらに多いという説もある)にのぼり、第一次世界大戦終結の遠因ともいわれています。
 このスペインかぜ以降も、インフルエンザは毎年継続して感染流行を起こしています。また、さらに数年から数十年ごとに新型のヒトインフルエンザの出現とその新型ウイルスの大流行が起こっており、毒性の強い場合は多数の死者が出ることになります。

 近年は新型ヒトインフルエンザの大流行が数十年起こっていないこと、死亡率の減少などから「インフルエンザは風邪の一種だから恐れる病気ではない」と捉える人が多くなったといわれましが、これは誤解!インフルエンザの症状はいわゆる風邪と呼ばれる症状の中でも別格と言えるほど重くて、区別して扱うことも多いのです。

 インフルエンザの語は16世紀のイタリアで名付けられました。当時はまだ感染症が伝染性の病原体によって起きるという概念が確立しておらず、何らかの原因で汚れた空気(瘴気、ミアズマ)によって発生するという考え方が主流でありました。
 冬季になると毎年のように流行が発生し春を迎える頃になると終息することから、当時の占星術師らは天体の運行や寒気などの影響によって発生するものと考えられ、「影響」を意味するラテン語:influentia(英語でいうinfluence)にちなんでこの流行性の感冒をインフルエンザと名付けられたそうです。この語が18世紀にイギリスで流行した際に英語に持ち込まれ、世界的に使用されるようになったのです。

 日本では江戸時代に長崎から持ち込まれたインフルエンザウイルスが幾度か全国的に流行し、「お七かぜ」「谷風」「琉球風」「お駒風」など当時の世相を反映した名称で呼ばれたようです。古くから風邪、風疫とされるとおり、悪い風が吹いて人々を病気にするという認識がありました。幕末にはインフルエンザの名称が蘭学者より持ち込まれ、流行性感冒と訳されたとのことです。

 明日もインフルエンザについお話しします。

保安用品・保安機材販売、リース/ポストフレックス製造、販売の保安道路企画㈱
http://www.hoandoro.jp

Extra

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

Author:ざわこ
保安道路企画のブログへようこそ!!
【保安機材販売・リース、看板製作、ポストフレックス製造・販売をしています】
横浜市旭区鶴ヶ峰本町1-12-10
TEL:045-955-4311
FAX:045-955-4377

ブログ内検索

最近の記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。